地上デジタル放送について

地上デジタル放送(地デジ)とは

地上デジタル放送は、その名の通り地上(陸上)にある送信局・中継局から電波が送信される放送です。
各ご家庭や共聴施設に届くよう、送信局・中継局は全国各地に設置され、山や鉄塔などの高所から電波を送信しています。
お住いの地域の送信所及びエリアは以下よりお調べいただけます。
■一般社団法人 放送サービス高度化推進協会 A-PAB 放送エリアのめやす
 https://tv-area.jp

アンテナは電波の来る方向に向きを合わせて正しく設置します。

また、地上デジタル放送の電波には水平偏波と垂直偏波とがあります。
お住いの地域の電波方式が「水平偏波」か「垂直偏波」かは、送信局の情報をご確認ください。
※薄型UHFアンテナは垂直偏波に対応するものとしないものがあります。。

水平偏波と垂直偏波

衛星放送と比較すると電波を受信しやすく、携帯電話やポータブルテレビ、カーテレビなど、小さなアンテナでも利用できる『ワンセグ放送』も、地上デジタル放送の形態の一つです。
デジタル放送では、昔のアナログ放送のようなゴースト(映像がだぶついて見える現象)、雑音が発生しない一方、電波の強さや品質が一定以下まで低下すると、一切視聴できなくなったり、映像にブロックのような歪み(ブロックノイズ)が発生することがあります。
『普段は視聴できているが、時々映像が止まったりブロック状のノイズが出る』といった場合では、受信している電波の強さや品質に十分な余裕がないことが考えられます。
この場合、アンテナの向きやブースターの設定の再調整が必要となりますので、地域の電気工事店などにご相談ください。

地上デジタル放送を見るために最低限必要なもの

地上デジタル放送は全国どの地域でもUHFのチャンネルで放送されるので、UHFアンテナで受信します。

電波における偏波とは

UHFアンテナについて

地上デジタル放送が470~710MHzのUHF帯域を使用していることから、地上デジタル放送の受信に必要なアンテナをUHFアンテナと呼びます。
アンテナの性能は主に素子の数(薄型アンテナ、室内アンテナの場合は『素子相当数』)によって決まります。
アンテナの性能が高い事を、一般的に「利得が高い」と表現します。

UHFアンテナについて

電界強度とUHFアンテナについて

送信点からの距離や地形などの諸条件によって、電波の強さ(電界強度)や品質が変動します。
地域やアンテナを設置する場所がどの程度の電界強度、品質であるかによって、使用するアンテナの種類や性能を考慮する必要があります。
たとえば、送信局から近く電界強度の高い『強電界地域』では、室内用アンテナでも地上デジタル放送の受信が可能ですが、比較的電界強度の低い『中電界地域』『弱電界地域』では室内での受信は困難です。
アンテナを選ぶ際は、地域の電気工事店などにご相談ください。
また、近隣のご家庭に設置されているアンテナをご確認いただくことで、参考情報となることがございます。

電界強度